【使える英語フレーズ】a pain in the neck って 肩こり・首こりじゃないんだって

この記事は約2分で読めます。

今日紹介するフレーズは

a pain in the neck
です!

直訳すると「首の痛み」なので、スマホの見過ぎで首がこってしまったのか、慢性的な肩こりからの首の痛みなのか、、、という風に考えてしまいますが、前後の脈略を聞いて、判断した方がよさそうなフレーズですね。

身体の話をしているんじゃないな。。。と思った時、
次のようなケースで使われる場合の意味について見てみましょう。

  • Ugh, Tom is such a pain in the neck.

こういった場合、話している人にとって”Tom”が a pain in the neck だと言っていますね。

スポンサーリンク

a pain in the neck ってどういう意味?

英英辞典で書かれていたのはこんな感じです。

someone or something that is very annoying.
(人)や(物)がとっても煩わしいこと。

つまり自分にとって

  • 面倒な人・物
  • 煩わしい人・物
  • うっとおしい人・物
  • 頭痛の種

を示すのですね。

では、例文を見ていきましょう。

例文

  • I have to finish this report by tomorrow. It is really a pain in the neck.
    私はこのレポートを明日までに仕上げなきゃいけないの。 本当に面倒だわ。
  • To be honest, my husband is a pain in the neck.
    正直言うと、夫が頭痛の種なのよ。
  • Did Sally bother you again? She must be a pain in the neck.
    サリーがまた迷惑かけたの?彼女は困ったちゃんに違いないね。
  • All these spam mails are a pain in the neck, aren’t they?
    こういう迷惑メールって全部 うっとおしいよね。

人でも物でも、物事でも自分にとって煩わしい、うっとおしいものを a pain in the neck と表現できます。

便利な表現なので覚えて、日常英会話で使えると良いですね。

 

 

 

 

画像の右クリックはできません
タイトルとURLをコピーしました