週を現す英語:来週・再来週・先々週を英語で言えますか?

この記事は約4分で読めます。

スケジュール帳

以前に、スケジュールを決める時の英語表現で、英語でスケジュールの相談をする時の表現を紹介しましたが、今回は具体的にスケジュールを決める時に必要になってくる表現について見ていきたいと思います。

まずは、下記を英語で言えるか試してみてください。

  1. 来週の月曜日
  2. 再来週の木曜日
  3. 来週末
  4. 先週の月曜日
  5. 先々週

答えはこのページの一番下にあります。

 

スポンサーリンク

週を現す英語(未来)

では、まずは未来を現す英語表現を見ていきましょう。

今週(this week)の場合

今週の話をする時には、 this を使って現します。

週末はthis weekend となり、今週の金曜日であれば、this Friday になります。

明日tomorrow
明後日the day after tomorrow
今週末this weekend
今週の木曜日this Thursday
今週の金曜日this Friday

来週(next week)の場合

next week(来週)の特定の日を現したい場合は次のようになります。

ただ、微妙なのが、例えば、月曜日に next weekend と言われた時です。
今日が9月7日(月)だとして、Are you free next weekend?  と聞かれたら、それって、9月13日(日)のこと?または、9月20日(日)のこと?となりますよね。
まあ、そういうややこしいときは、13日?それとも20日?と聞いた方がいいでしょう。

来週next week
来週の火曜日next Tuesday / Tuesday next week
来週末next weekend

再来週(the week after next)の場合

では次は再来週の話です。

再来週は英語では、the week after next と言います。

再来週の○曜日の場合は、the + 曜日+after next で現すことができます。または after next の代わりに、after this coming one ということもできます。

が、、、正直もはやいつの話かわからなくなって、勘違いが多くなってしまうので、日程を決める時は日付で話した方が安心ですねwww

再来週the week after next
再来週の月曜日the Monday after next/the Monday after this coming one
再来週の週末the weekend after next

スポンサーリンク


週を現す英語(過去)

では次に過去の場合を見てみましょう。

今週(this week)の場合

今週の場合は、昨日(yesterday)おととい(the day before yesterday)の他、曜日を言うときは、シンプルにMonday、Tuesday でOKです。

昨日yesterday
おとといthe day before yesterday

 

先週(last week)の場合

先週(last week)の特定の曜日を話す場合は、lastを使います。

last Fridayと言えば先週の金曜日になりますね。

先週last week
先週の火曜日last Tuesday
先週末last weekend

 

先々週(the week before last) の場合

先々週(the week before last)の特定の曜日は、the + 曜日 + before lastで現すことができます。

ただ、会話では、シンプルにtwo weeks ago (2週間前)と言った方がわかりやすい場合もありますね。

先々週the week before last
先々週の水曜日the Wednesday before last
先々週の週末the weekend before last

 

クイズの答え

では、最初のクイズの答え合わせです。

 

  1. 来週の月曜日 ⇒ next Monday
  2. 再来週の木曜日  ⇒ the Thursday after next/ the Thursday  after this coming one
  3. 来週末  ⇒ next weekend
  4. 先週の月曜日 ⇒ last Monday
  5. 先々週 ⇒ the week before last

 

いかがでしたでしょうか?

 

参考にしていただければ幸いです!

画像の右クリックはできません
タイトルとURLをコピーしました