英語で「会う」は meet / meet with / meet up with ?違いと使い分け

この記事は約6分で読めます。

meetの違い

今回のテーマは英語の使い分けです。
meet という単語は、初対面の挨拶でも使われますが、「人に会う」という意味の動詞ですよね。

Nice to meet you!
はじめまして

こちらの Nice to meet you という表現では、meet + 人 という形になっていますが、日常会話ではmeet with 人 や meet up または meet up with 人などがあり、

どれが一体正しい表現なの?

と混乱している方もいるのではないでしょうか?

というわけで、今回はこの『meet +人/ meet with+人 / meet up with +人』の違いについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

meet  / meet with / meet up with  の使い分け

ではそれぞれについて詳しく見ていきましょう!

ここではアメリカ人の英語講師の先生から聞いた話と共に、Cambridge Dictionaryの定義をベースに私なりの解説をしています。

meet  はどういう時に使う?

「会う」に関連する meet の意味は、いくつかあります。

Cambridge Dictionaryの定義はこちら

1.to see and talk to someone for the first time:
初めての人に会ったり話したりすること

2. to come together with someone intentionally:
意図して誰かと会うこと

3.to come together with someone without intending to:
意図せずして誰かと会うこと

はじめて会う

“Nice to meet you” などのように「初めて人に会う」という場合に使われます。

例えばこんな感じです。

I’d like you to meet my brother someday.
いつか私の兄弟に会ってほしいわ。

I met my wife when I was in high school.
妻とは高校生の時に出会いました。

意図して誰かと会う

この場合は、for (目的)、あるいは、 to +動詞(〜をするために)を伴うことが多いそうです。

 

I met my sister for lunch yesterday.
昨日 妹と会ってランチをしました。

 

待ち合わせをする時などにも使われますね。

I will meet you at the station tomorrow morning.
明日の朝 駅で待ち合わせしよう!

意図せずして誰かと会う

「偶然に出会う」というニュアンスになります。

Guess who I met in town today!
今日町で誰に会ったと思う?

It was awkward to meet her there.
あそこで彼女に会うのは気まずかったわ。

meet with はどういう時に使う?

次はmeet withです。

Cambridge Dictionaryの定義を見てみましょう。

こちらでは、 meet with + 人ではない例が上にありますが、少し下を見ていただくと、meet with sth(ビジネス英語)と書かれたところがあります。

to come together with someone in a place and have a conversation or meeting with them:
ある場所に誰かと一緒に来て、会話や打ち合わせをすること。

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、簡単に言うと次のようなニュアンスです。

会って打ち合わせをする

クライアントに会う時や、会計士などの専門のコンサルタントに会う、アメリカだとカウンセラーに会うという時にも使うそうです。

I have to meet with my tax accountant tomorrow.
明日は税理士さんと会わなきゃいけません。

I met with my boss to discuss the new project.
新しいプロジェクトについて話し合うために上司と会った。

meet up (with)はどんな時に使う?

meet upカジュアルな会話でよく使われる表現です。

meet upのCambridge Dictionaryの定義はこちら!

to meet another person in order to do something together:

一緒に何かをするために、他の人に会うこと。

言い換えると

  • get together  

となり、「何かを一緒するための集まる」という意味になります。

Let’s meet up and have some fun!
集まって楽しもうよ!

I’m going to meet up with my old friends this weekend.

今週末は古い友人たちと会う予定です。

最後に今回のまとめです!

meet  / meet with / meet up with の使い分けまとめ

今回のまとめ

meet①初めて会う
②意図して誰かと会う
③意図せず(偶然)誰かと会う
meet with (ビジネス英語)打ち合わせをする
(相談のために)会う
meet up with(カジュアル)集まって一緒に何かをする

いかがでしたでしょうか?


このブログでは様々な英語表現を紹介していますので、ぜひご覧くださいね!
→様々な英語表現

 

お知らせ

2022年7月〜 このブログの公式youtubeをスタートしました。

『English Lab 〜もっと英語を話すための練習帳』として、こちらのブログで紹介しているフレーズなどのスピーキング練習のための動画を公開していく予定です。

動画は日本語⇒英語を基本とし、繰り返しリピーティング・シャドウイングができる構成になっています。

1動画10分ほどの短い動画なので、ぜひチャンネル登録をお願いします。

チャンネル登録

 

 

画像の右クリックはできません
タイトルとURLをコピーしました