TOEIC Speaking Testって何?どんな問題が出るの?

この記事は約7分で読めます。

TOEIC というと、日本の会社や学校でも英語力を判定するための基準とされている有名なテストですが、実は一般的にこの時指しているのは、TOEIC Listening & Reading Test だということはご存じでしょうか?

実はほかにも Speaking & Writing Test というテストがあるんです。

今回はその中でもSpeaking Testの概要とそれに関しての勉強法に役立つサイトなどを紹介します。

スポンサーリンク

TOEIC Speaking Testってどんなテスト?

Speaking & Writing Testはどちらかだけを受講することができるので、私は来年 初めてSpeaking Testを受けてみようと思っています。

Toeic Speaking Test の概要

  • テストの形式:試験会場にてパソコンを使用して受験するテスト
  • 所要時間:約20分間
  • 問題数: 5つの問題形式で全11問
  • 採点:0点〜200のスコア
  • テスト日程:毎月1回 日曜日 午前午後各1回実施 ⇒詳しいスケジュール
パソコンで行われるためその場に試験官はいません。解答はデジタル録音され、ETSのONE(Online Network for Evaluation)に送られ、そこでETSの認定を受けた採点者によって採点される方式になります。

Toeic Speaking Test  スコアの目安

スコアの目安については、詳細は公式サイトをご覧ください。

目指すところとしては、「一般の職場にふさわしい継続的な会話ができる」というレベルで160点以上というところでしょうか。

200点取ったとしてもネイティブレベルという判定ではないようですね。あくまでも「一般の職場にふさわしい継続的な会話ができる」ということなので、ビジネスの現場で通用する英語が話せているかというテストになるかと思います。

むしろ、TOEICスピーキングテストこそ、就職等で重要視されるべきではないか、、、と思いますが、どうなんでしょうね。

下記は公式サイト からの引用です。

スコア190−200

一般的にスコアが190~200のレンジ内に該当する受験者は、一般の職場にふさわしい継続的な会話ができる。意見を述べたり、複雑な要求に応えたりする際の話の内容は大変わかりやすい。基本的な文法も複雑な文法もうまく使いこなし、正確で的確な語彙・語句を使用している。
また、質問に回答し、基本的な情報を提供することができる。
発音、イントネーション、強調すべき部分がいつも大変わかりやすい。

スコア 160〜180

一般的にスコアが160~180のレンジ内に該当する受験者は、一般の職場にふさわしい継続的な会話ができる。的確に意見を述べたり、複雑な要求に応えることができる。長い応答では、以下の弱点が一部現れることがあるが、意思の伝達を妨げるものではない。

  • 発音、イントネーションにわずかだが問題があり、話すとき、躊躇することがある
  • 複雑な文法構造を使うときにいくつか誤りがみられることがある
  • 不正確な語彙・語句の使用がいくつかみられることがある

また、質問に回答し、基本的な情報を提供することができる。
書かれたものを読み上げる際の英語は大変わかりやすい。

Toeic Speaking Test  問題の構成

テストは5セクション・11問 20分となっています。
詳しくは公式サイトにてご確認ください。

Read a text aloud(音読問題)

  • 問題数:2
  • 各問45秒(準備時間 各45秒)
  • アナウンスや広告などの短い英文を音読する
  • 発音・イントネーション・アクセントなどを評価

Describe a picture(写真描写問題)

  • 問題数:2
  • 各問30秒:(準備時間 各45秒)
  • 写真を見て内容を説明する
  • 発音・イントネーションに加え、文法や語彙や一貫性を評価

Respond to questions(応答問題)

  • 問題数:3
  • 15秒または30秒(準備時間 0秒 ※各質問とビープ音の間に3秒)
  • 身近な問題についてのインタビューに答えるなどの設定で設問に答える
    または、電話での会話で設問に答える
  • これまでのものにくわえて内容の妥当性や完成度を評価

Respond to questions using information provided
(提示された情報に基づく応答問題)

  • 問題数:3
  • 15秒または30秒(準備時間 45秒 ※各質問とビープ音の間に3秒)
  • 提示された資料や文書(スケジュール等)に基づいて設問に答える
  • すべて

Express an opinion(意見を述べる問題)

  • 問題数:1
  • 60秒(準備時間 45秒)
  • あるテーマについて、自分の意見とその理由を述べる
  • すべて

TOEIC Speaking Testの勉強法

Toeic Speaking Test  公式サンプル問題

まずはどんなテストなのかを知るために良いのが、TOEICの公式で用意されているサンプル問題をやってみることです。

⇒TOEIC公式サンプルテスト

2ページ目に進むと「Speaking」「Writing」を選ぶことができますよ!

タイム感もつかめるので、まずはこちらに挑戦しましょう!

Toeic Speaking Test  無料のオンライン練習問題

練習問題としてオンラインで無料で提供されているものは数多くはありませんが、こちらのEnglish Study Groupsが提供しているものがとても良いと思いました。

こちらに行くと練習問題が各テストごとに複数用意されています。
サンプルの回答もあるので、合わせて聞いてみると良いと思います。

English Study Groups
Learn academic English in communicative interactive study groups.

Toeic Speaking Test  書籍で学ぶ

書籍も数は多くないのですが、いくつかありますので、紹介したいと思います。

私が持っているのは下記の旧バージョンです。スピーキングテストに特化されているものは少ないのですが、こちらは音声データもDLできるので良いですよ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TOEIC (R) SPEAKING テスト 問題集 新形式完全対応版 [ ロバート・ヒルキ ]
価格:2530円(税込、送料無料) (2022/12/25時点)

楽天で購入

 

Writingの方も受けるという方は両方について学べる書籍がおすすめです。こちらは有名なアルクが出している本ですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はじめてのTOEIC S&Wテスト完全攻略 [ 横川 綾子 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2022/12/25時点)

楽天で購入

 

写真描写の練習

写真描写に限っていうと、オンライン英会話などでも対応しているところが多く、また写真描写はGoogleで画像検索したものを描写してみるなど、自分一人でも練習ができると思います。

私のブログでも写真描写のやり方をまとめた記事がありますので、ぜひ参考にしてみてください。

英語で『写真描写』をするための基本の流れを覚えよう!
TOEICのスピーキングテストや IELTS テストなどに出題される「写真描写」。オンライン英会話でも「写真描写」のレッスンを経験された方もいるのではないでしょうか?まずは英語で「写真描写(Describing Pictures)」を行う時の基本の流れを紹介したいと思います。

また、写真描写の時に、写真に映っている物や人物の位置を説明する時に、どういう表現を使うのが良いかもまとめたものがあります。

写真を説明する時に使える位置を表す英語
写真を見ながら英語で説明する時に必要な「位置を表す英語表現」を紹介しようと思います。オンライン英会話でも「写真描写」は人気のレッスンとなっていますので、ぜひやってみましょう!

また、Engoo.comでも“Describing Pictures”とした教材を無料で見られるようになっています。使えるボキャブラリーと合わせて紹介されているので、オンライン英会話で使って見るのも良いですね!

https://engoo.com/app/materials/describing-pictures/P_HriMOnEeifo0O-yMP42w

 


今回はTOEICの中でもあまり情報が少ない SPEAKING TESTについてまとめてみました。

私も来年初めて受験する予定ですので、また受験したら感想や結果などをこのブログで紹介したいと思います。

 

 

画像の右クリックはできません
タイトルとURLをコピーしました