【様々な英語表現】as long as と as far asの違いと使い方

この記事は約3分で読めます。

たまに間違ってしまうのですが、

  • as long as
  • as far as

の違いはご存じでしょうか?

どちらも、日本語に訳すと「〜限り」という意味になるのですが、使われ方が違うんです!

では、どのように違うのか意味と使い方について詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

as long as と as far asの違いと使い方

まずはこちらの例文を見てみてください。

  1. As long as you stay here, you don’t need to worry about food.
    ここにいる限り、食べ物のことは心配しなくていいよ。
  2. As far asI know, she is very kind to others.
    私が知ってる限り、彼女は他人に親切だよ。

日本語に訳すと、どちらも「〜限り」となっていますよね?

どの場合にどちらを使えばいいのか、わからなくなってしまいますね。

というわけで、下記にまとめてみました。

as long as〜 は 主に”条件”を表す

as long as 〜 は主に「条件」を表す場合に使われます。

  • As long asyou pay the money, I will work for you.
    あなたがお金を払ってくれる限り、私はあなたのために働きますよ。

「あなたがお金を払う」という条件の元、「私は働くよ」という意味になりますね。

自然な日本語にすると

お金を出してくれるなら 僕、働くよ!

って感じですね。

 

他の例文も見てみましょう。

  • As long as you love her, she will be with you.
    あなたが彼女を愛している限り、彼女はあなたと一緒にいるでしょう。
  • As long as you do your best, you won’t fail the exam.
    ベストを尽くす限り、試験に落ちはしないよ。

as far as〜 は主に”範囲”を表す

as far as 〜は、主に「範囲」を示す時に使います。

  • As far asI know, Mark is genius.
    私の知っている限り、マークは天才です。

自分の知る範囲、あるい自分自身の思考の範囲、意見の範囲などを示しています。

他の人から見たらどうか知らないけど、私の知る範囲では・・・というような意味ですね。

次のような慣用表現もあるので覚えておきましょう!

  • As far as I remember= 覚えている限り
  • As far as I’m concerned = 私の意見では

例文を見てみましょう!

  • As far as I remember, he used to play the guitar.
    私の覚えてる限り、彼はよくギターを弾いてたよ。
  • As far asI’m concerned, it’s the best Thai restaurant in the world.
    私の考える範囲では(私の意見では)、そこが世界一のタイ料理店だよ。

このブログでは他にも様々な英語表現を紹介していますので、ぜひご覧くださいね!
⇒様々な英語表現

画像の右クリックはできません
タイトルとURLをコピーしました