【様々な英語表現】辛い は hotだけじゃない!

この記事は約2分で読めます。

Nozomi0001さんによる写真ACからの写真

「甘い」という表現について色々見ていったので、今回は「辛い」を見てみたいと思います。
”甘い”についてはこちらを見てね!

【様々な英語表現】甘いはsweetだけじゃない!
「甘い」と言うと sweet   がすぐに思い浮かぶと思いますが、日本語の「甘い」にも色々あるの...

日本語では「辛い(からい)」というと、まずは味のことが頭に浮かびますね。
チリとか、わさびとか、七味とか。。。辛い物が好きっていう人も多いですね。
ちなみに、私はあまり辛いものが得意でないです。。。w

というわけで、辛いの色々な表現を見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

料理を食べて「辛い」時 英語で何て言う?

辛いを表すのに、いくつか表現があります。

hot and spicy: スパイスが効いた辛い料理を表す場合

hot(ひりひりする辛さ) または spicy(スパイスが効いてる)だけでも表現することができますが、両方かぶせると、よりいい感じ。

  •  I like hot and spicy food.
    私は辛い料理が好きです。

spicyだけだと、「ぴりっと辛い」程度で、それほど「辛い!」っていう感じではないですね。

piquant :舌にぴりっとくる辛さ

コショウのような下にぴりっとくる辛さの時は、piquantという表現を使います。

  • This dish has the piquant taste of peppers
    この料理は、胡椒のぴりっとした味がする。

salty :塩辛いという意味の場合

塩辛いという表現の時は、saltyを使います。

  • How salty!しょっぱい!
  • The soup is too salty.
    このスープはあまりにも塩辛い

評価が「辛い」

食べ物の話以外で「辛い(からい)」と言う言葉を使いますね。
「評価」や「評論」が辛いという場合についても見てみましょう!

  • My boss’s evaluation is always harsh.
    私のボスの評価はいつも辛い
  • He is well-known for his harsh criticism.
    彼は辛口の評論で有名だ。

「せち辛い世の中」と言いたい場合は?

tough という単語を使うといいですね。

  • Things are tough nowadays.
    最近は世知辛い世の中だ。

 

画像の右クリックはできません
タイトルとURLをコピーしました