【様々な英語表現】SNSで使える英語の略語やスラング

この記事は約4分で読めます。

acworksさんによる写真ACからの写真

今回はtwitterfacebook, インスタグラムなどのようなソーシャルネットワークサービス(SNS)で使われている英語の略語やスラングをまとめて紹介したいと思います。

ちなみに”SNS”というのは海外では通じないので、ご注意を!

【注意したい和製英語】SNSは英語では使われないって知ってた?
SNS という言い方は実は英語では使われないというのをご存じでしょうか?facebookやtwitter,インスタグラムなどは日本でいうとSNSと言いますが、これはSocial Networking Servicesの略で、英語では略してSNSという言い方はしません。

スポンサーリンク

SNSで使える英語の略語やスラング

今回紹介するのは実際にSNS上でネイティブがよく使っている略語やスラングです。

海外のアーティストやセレブリティなどをフォローしていると、目にすることもあるかと思いますので、参考にしていただければと思います。

今回は特にカジュアルなシーンで使われるものを集めてみました。

ビジネス特有の略語もありますので、そちらはまた別の機会に。

Internet acronyms ネットの省略語

まずは省略語(acronyms) について見てみましょう。

AMA:Ask me anything

「何でも聞いてね!」みたいな意味です。著名人やインフルエンサー、専門家などがフォロワーから質問を呼びかける時に使うケースが多いですね。

ASAP: As soon as possible

「今すぐに」「できるだけ早く」という意味です。ビジネスでもよく使われますね。

BRB : Be right back

“I’ll be right back” の短縮系です。「直ぐ戻るよ」という意味で使われます。

チャット中やオンラインゲーム中に電話がかかってきたとか、誰かに呼ばれた、、とか、一旦席を離れるけど、すぐ戻るという状況の時に使います。

BTW:By the way

By the wayは 「ところで」という意味で、話題を変える場合などに使いますね。

HBD:Happy Birthday

もちろん「お誕生日おめでとう」ですね。まあ省略しなくてもいい気がしますが。。。

LOL:Laughing out loud

”笑い”を表すスラングです。 日本ですと、(笑)やWWW 、草 などの意味になります!

NBD: No big deal.

No big deal「たいしたことじゃないよ」という意味のフレーズです。

ROFL:rolling on the floor

rolling on the floor 床に転がって笑ってしまうほどのことを表します。

日本語でいうと「抱腹絶倒」ですね。

TBH:To be honest

To be honest は 「本当のことをいうと」「正直なところ」という意味のフレーズです。

TGIF:Thank God it’s Friday!

おなじみのフレーズですね。「やった!今日は金曜日だ!」という表現です。

 

以前に書いたコチラの記事も参考にしてくださいね!

【SNSで使える英語】英語でもっと相手を褒めよう!
今回は、InstagramやTwitter, facebook, tiktok, youtubeなどなど、様々なSNSに英語でコメントをする時に役立つ英語を紹介したいと思います! 英語で相手を褒めたり、称えたり、ポジティブなコメントをしたいときに使える表現というと、Nice! Great! Wonderful! など同じものばかり使っていませんか?

SNSのスラング(Social Media Slang)

次にSNSでよく使われるスラングを紹介します。

crush it

crush it というのは、すごく物事がうまくいっている人やチームなどに対して使います。
例えば、サッカーの試合で圧勝したという時など

  • They are crushing it!   

というように使ったり。。。などです。

Facepalm

Facepalm 手のひらで自分の顔を覆ってしまうような状況を表します。

恥ずかしい時、嫌気が差したとき、失望したとき、、、などなどのような状況ですね。

日本語だと「無理〜」とか「引くわ〜」とかそういうニュアンスでしょうか。

Fire! 🔥

ものすごく良いことカッコイイことなどを表す褒め言葉として使われます。

文字ではなく、🔥🔥🔥 のように絵文字を使って表されることも多くあります。

kewl

cool (カッコいい)をくだけた感じにして、スペルを変えたものになります。

I can’t even

I can’t evenという表現は、あまりに嬉しすぎたり、悔しすぎたり、悲しすぎたり、、、で自分の感情を表現できない、、、という時に使われます。

thirsty

SNSで筋肉をひけらかしたり、際どい写真を挙げて注目を集めようとしている人などに対して使われることがあります。

日本語で言うと「必死だな」「必死すぎ」みたいな感じでしょうか?

Yaas

Yes をもっと激しく肯定したい場合に使われます。

Yaaaaaas! のように a を重ねるとより熱心さが伝わります。

 

もちろんこれだけではなく、まだまだたくさんのスラングや略語がありますので、また機会があれば紹介していったり、このページに追加していこうと思います。

ついでにSNSといえば、、、ということで、こちらの記事も参考にしていただければと思います!

【恋に役立つ英会話】SNS上での交際ステータスを英語でいってみよう!
facebookなどのSNS上では、自分が結婚しているのか、彼氏彼女がいるのか、、、のような交際についてのステータスを表示することがありますが、英語ではどのように表現されているでしょうか?

 

画像の右クリックはできません
タイトルとURLをコピーしました