【注意したい和製英語】SNSは英語では使われないって知ってた?

この記事は約4分で読めます。


英語を話していてついつい使ってしまいそうになる言葉、SNSについて書きたいと思います。

SNSというのは、日本では、facebookやtwitter, インスタグラムなどといったオンラインメディアのことで、

Social Networking Services

ですよね。

Social Networking Service って英語じゃないの?って思いますよね?

ハイ、当然ながらこれは英語です。

ただ、英語圏の人は SNS(エス・エヌ・エス)と訳して使うことがありません。

SNSという言い方は日本独特な言い方なのです!

 

スポンサーリンク

SNSは和製英語? 略すと意味が伝わらないので要注意!

繰り返しますが、Social Networking Servicesは英語です。

ただ、SNSという省略語としては使わないということに注意しなければいけないんです。

以前に米国人と話している時に、ついクセで SNS と言ってしまったことがありますが、“What’s that?” と聞き返されてしまいました。

お恥ずかしい。。。(^_^;

まあ、向こうが聞き返してくれるので、あ、違うのね、、、というのはすぐに判明するわけですが、メール等で書いたりすると???という感じになるので、注意したいものですね。

SNSは伝わらない。じゃあ、どう言えば伝わるの?

先ほども紹介したように 日本語で SNSというと

  • facebook  フェイスブック
  • twitter  ツイッター
  • Instagram  インスタグラム

などを総称していう場合に使われる言葉になります。

実はsocial networking services という表現でももちろん伝わりますが、どちらかというと、ビジネスで話す場合やサービスを定義する時に使われるような表現となります。

もちろん、その場合でもSNSと省略されることはありません

では日常的にはどう言われるのでしょうか?

英語圏では、

social media 

と言われることが多いです。

social networking と social media の違い

social networkと言う言葉もsocial mediaの同義で使われることがあります。

でも、social networkingとなるとちょっと意味が違ってくるようです。

Cambridge Dictionary でそれぞれの定義を調べてみました。

social media (social network)

https://dictionary.cambridge.org/ja/dictionary/english/social-media

websites and computer programs that allow people to communicate and share information on the internet using a computer or mobile phone:

パソコンや携帯電話を使ってインターネット上で人々がコミュニケーションを取ったり、情報を共有することができるウェブサイトやプログラムのこと。

social networking

https://dictionary.cambridge.org/ja/dictionary/english/social-networking

the use of websites and other internet services to communicate with other people and make friends:

人と交流したり友達づくりをするために、ウェブサイトや他のインターネット上のサービスを利用すること。

一般的によく使われるsocial mediaは、facebookやInstagram, Twitterのようなウェブ上のサービスのことを指します。

そして、social netwokingは、そういったサービスを使ってオンライン上で人と交流する行為自体を現す言葉となるということです。

サイト・アプリのことを

  • social networking sites  サイト
  • social networking apps  アプリ

というように表現することもあります。

 

ついつい SNSと言ってしまうクセがついていますが、英語で間違わないように Social Media と言うようにしておくと良いかもしれませんね。

 

画像の右クリックはできません
タイトルとURLをコピーしました