ビジネス英会話:英語の電話対応(英語で電話を受ける時&かける時)

この記事は約8分で読めます。

今回は ビジネスで使える電話応対の英語フレーズを紹介していきたいと思います。

オフィスで電話を受ける時や電話をかける時に使える便利な英語の定番フレーズばかりです。YouTube動画でも練習ができるよういしていますので、この記事と合わせてご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

電話で使える英語フレーズ40選

今回のテーマは「電話で使える英語フレーズ」です。特にオフィスでの電話応対に使えるフレーズを用意しました。

まずは、かかってきた電話を受ける時、電話を取り次ぐ時、不在時の対応方法などに使えるフレーズを見ていきましょう!

オフィスにかかってきた電話の受け方

まずは電話を受けた時に話すフレーズです。

電話を受ける

朝昼夕方で挨拶は変わりますが、基本は会社名と自分の名前を言います。

「どのようなご用件ですか?」= How may I help you?

は必須表現なので覚えましょう!

1おはようございます。ABC社です。こちらはジェーンです。
Good morning.ABC Company. This is Jane speaking.
2ABC社のジェーンです。どのようなご用件でしょうか?
ABC company. Jane speaking. How may I help you?

 

相手の名前・社名などを尋ねる

また「相手の名前」「相手の会社名」も先方が名乗らない場合は、こちらから訪ねます。
聞き返す時は、repeat を使うと良いですね。

3お名前を教えていただけますか?
May I have your name, please?
4どちら様でしょうか?
May I ask who’s calling?
5御社名を教えていただけますか?
Could I have your company name, please?
6もう一度お名前をお願いできますか?
Could you repeat your name?
7誰とお話を希望されていますか?
Who would you like to talk to?

間違い電話への対応

相手が間違っている場合もありますので、次のような表現も覚えておくと良いですね。

8どちらにおかけですか?
Who are you calling for?
9番号をお間違えのようですが。
I’m afraid you have the wrong number.
10申し訳ありませんが、そのような名前の者はここにいません。
I’m sorry, but there’s no one by that name here.
11どの番号におかけですか?
What number are you calling?

相手に待ってもらう時の表現

電話相手につなぐ間や、電話相手の在籍を確認する際などに使える表現です。

12少々お待ちください。
Just a second.
13少々お待ちいただけますか?
Could you hold on for a moment?
14そのままお待ちください。すぐにお繋ぎします。
Hold the line. I’ll put you through in a moment.

不在を伝える表現

担当者が不在の場合などに使える表現です。伝言を預かる場合や折り返しをさせる場合など色んな状況で対応は異なりますね。

15申し訳ないですが彼女は不在にしています。
I’m afraid she isn’t in at the moment.
16伝言をお預かりしましょうか?
Would you like to leave a message?
17すみませんが彼は別の電話に出ています。伝言を預かりましょうか?
I’m afraid he’s on another line at the moment. Can I take a message?
18彼女に折り返し電話をさせますか?
Would you like her to return your call?
19彼は今会議中です。後ほど折り返しさせましょうか?
He’s in a meeting at the moment. Can he call you back later?
20彼に電話があったとお伝えします。
I’ll let him know you called.

電話をかける時に使える表現

次に自分が電話をかける時に使える表現を見ていきましょう!

電話をかける時の定番フレーズ

まずは電話をかける時の定番フレーズです。自分の名前と会社名、話したい相手の名前や部署などを伝えます。

自分が間違い電話をしてしまった時のフレーズも紹介しています。;

1もしもし。こちらはXYテクノロジーのマリアです。
Hello! This is Maria from XY Technology.
2スティーブジョーンズさんをお願いします。
May I speak to Steve Jones?
3スティーブ・ジョーンズさんに繋いでいただけますか?
Could you put me through to Steve Jones?
4ジョーンズさんからのお電話に折り返しています。
I’m returning a call from Mr.Jones.
5カスタマーサービスの方とお話したいのですが。
I’d like to speak to someone in charge of customer service.
6営業部門につないでいただけますか?
Could you put me through to the sales department?
7電話番号を間違えてしまったようです。お騒がせして申し訳ございません。
I’m afraid I dialed the wrong number. I’m sorry to have disturbed you.

相手が不在で伝言をお願いする場合

話したい相手が不在の場合に、伝言をお願いする場合のフレーズです。

8彼女がいつオフィスにいるか教えていただけますか?
Could you let me know when she’ll be in the office?
9後で(彼に)電話するように伝えてもらえますか?
Could you tell him to call me back later?
10電話があったと伝えてもらえますか?
Could you tell him I called?
11彼は私の電話番号を知らないと思います。
I don’t think he has my number. 
12伝言をお願いできますか?
Can I leave a message?
13彼女にまた午後に電話します。
I’ll give her a call in the afternoon.
14彼女の携帯電話に電話してみます。
I will call her cell phone number.
15他にこの件で話せる方はいますでしょうか?
Is there anyone else who can speak on this matter?

相手と話す時に使えるフレーズ

最後は相手と話す時に使う定番フレーズを少し紹介します。

今電話をしても大丈夫かを確認したり、間違って電話を切ってしまった場合や相手の声が聞こえづらい場合など様々なシチュエーションで使えるフレーズです。

16今少し話しても良いでしょうか?
Could I talk to you for a moment?
17すみません、間違えて電話を切ってしまいました。
Sorry, I hung up on you by mistake.
18もう少し大きな声で話してもらえますか?
Could you speak up a little, please?
19(電話を切る時)そろそろ行かなければなりません。
Well, I guess I’d better get going. 
20(電話を切る時) また電話しますね。
I’ll talk to you again soon.

昨年からスタートしたYouTubeチャンネル『English Lab もっと英語を話すための練習帳』では、ほかにもスピーキング練習用動画を用意しています!

動画は日本語⇒英語を基本とし、繰り返しリピーティング・シャドウイングができる構成になっています。

1動画10分ほどの短い動画なので、ぜひチャンネル登録をお願いします。

チャンネル登録

 

画像の右クリックはできません
タイトルとURLをコピーしました