【様々な英語表現】肩こり・四十肩・腰痛・ぎっくり腰など体の痛みに関する英語表現

この記事は約4分で読めます。

肩こり腰痛に苦しんでいるのは英語圏の人も同じ!

英語でも肩こりや腰痛を表す表現がありますので、関連する表現をまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

 肩こりや腰痛など体の痛みを表す英語表現

体の部位別に痛みやつらい症状を表す英語表現をまとめてみました。

肩こり・首・背中の痛みを表す英語表現

肩こりは様々な言い方があります。
stiff固まって動かしづらいというニュアンスがあります。sore痛みがあるという意味になります。

「張っている」という場合は、tensionを使うと良いでしょう。

  • My shoulders are stiff 肩が凝っています。
  • I have a shoulder pain.  肩が痛いです。
  • My shoulders are stiff and sore. 肩が凝って痛いです。
  • I have bad pain in my shoulder. 肩がすごく痛いんです。
  • I have a tension in my shoulder.  肩が張っているんです。

肩ではなく、背中が痛い場合もありますね。

  • My neck is stiff.  首が凝っています。
  • I have a pain in my upper back. 背中の上部に痛みがあります。

四十肩・五十肩は英語で何て言う?

四十肩・五十肩とは、40代・50代の人を中心に、肩関節の痛みなどによって腕が上がらなくなったり、後ろに回せなくなったりという症状のことを言います。

英語では  frozen shoulder と言うんです。

面白いですね。

I have a frozen shoulder.
私は四十肩(五十肩)です。

腰痛・ぎっくり腰など腰に関する症状を現す英語

腰痛は英語で

  • lower back pain 

です。

背中全体を back と言いますが、日本語の意味では、

  • 背中 upper back
  • 腰 lower back

になります。

I have severe lower back pain.
腰痛がひどいんです。

ぎっくり腰は、strain  (無理をして痛める) という単語を使うと良いでしょう。

 

  • I strained my lower back.
  • My lower back got strained.   

その他の体の部位を表す英語

肩や腰以外にも痛めやすい部位について、部位の名称をまとめておきます。

  • 肩甲骨   shoulder blade
  • 肩関節  shoulder joint
  • 肘   elbow
  • 手首  wrist
  • 股関節  hip joint
  • 膝  knee
  • ふくらはぎ calf
  • 足首 ankle

理学療法士・整体師・鍼灸師など治療者に関する英語

肩こりや腰痛など体を治療するための様々な手段がありますが、そういったトリートメントをする人のことをなんと呼ぶか、英語での表現方法をまとめてみました。

  • 理学療法士  A physical therapist / A physiotherapist
  • 整体師  A chiropractor
  • 鍼灸師 An acupuncturist 
  • マッサージ師 A masseuse

基本的には、 physical therapist  が様々な治療やリハビリを行います。整体師や鍼灸師は最近は欧米でも一般的にはなってきていますが、元々は東洋の文化なので、ちょっと特殊な感じかもしれません。

治療方法についても、一緒にまとめておきますね。

  • 整体  chiropractic Care
  • 針治療 acupuncture
  • 電気治療 electric therapy
  • 低周波(電気)治療 EMS(electrical muscle stimulation) therapy
  • マッサージ massage
  • リハビリ rehabilitation

このブログでは他にも様々な英語表現を紹介していますので、ぜひご覧くださいね!
→様々な英語表現

画像の右クリックはできません
タイトルとURLをコピーしました